忍者ブログ

[PR]

2017年10月18日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

船越功のオーラソーマカラーセラピスト養成講座(仙台・色彩研究所)

2010年12月09日
色はその人自身を映す鏡
それぞれの色にはメッセージがあるのです


初級コース

オーラソーマ初級ではボトルを彩るカラーのメッセージを一つ一つ学び、
感じたことを分かち合って、自分自身を癒し、
また新たな自分を知っていくコースです。

大人気講師、船越功先生とともに人生の旅をしましょう

※オーラソーマって?詳しい内容は→ コチラ




日時:2011年2月4日(金)~6日(日)、3月4日(金)~6日(日)
全6日間/10:30~18:00
費用:¥136,500 (再受講:¥40,000)
 



中級コース 

中級コースはオーラソーマの持つ広がりを実感できるコースです

色彩の5つのレベル(レベル1コースで学んだ各色のキーワードを更に深く)
カラーに含まれる3原色とその比率の計算方法
3原色から見た3つの傾向と仏教の見地、同種療法(ホメオパシー)
ヨガ、アーユルベーダ、数秘学、宝石(パワーストーン)
色彩と占星術、過去世、カラーブリージング(色彩を使った呼吸法)
シナジーコンサルテーション(カップルリーディング) etc.

洋の東西を問わないあらゆるスピリチュアルな方法や知識と
オーラソーマとの結びつきを学んでいく、楽しいコースです


日時:詳細が決まり次第お知らせします
全6日間/10:30~18:00



※2008年9月以降からオーラソーマのコースを受講した方は
  中級受講時に3件のコンサルテーション記録を講師に提出してください。


上級コース 


上級コースは生命の木とタロットを軸に、深く追求していくコースです

マインドマップ、サトルアナトミーを通した2原色の説明
マスターの説明、オブザーバーコンサルテーション、
ボトルとタロットカードと「生命の木」の関係 、
「生命の木」の10のスフィア、「生命の木」の22の小径(パス)とタロットカード、
四大元素の世界、ゴールデンスレッド(四大元素とボトルとの関連) etc.

自分のたましいの旅路をさぐり、今までに学んだことを
実践していくためのコースです

日時:詳細が決まり次第お知らせします
全6日間/10:30~18:00


※受講にはPPSコースを修了していることが必須条件になっています。
(2008年9月以降に初級受講の方)

※2008年9月以降からオーラソーマのコースを受講した方は
  上級受講時に9件のコンサルテーション記録(初級3+中級3+PPS3)を
講師に提出してください。








レベル2修了後、パーソナルプレゼンテーションスキル(PPS)コースを
受けることができます。
このコースはレベル3を受講する際の必須コースになります。
(2008年9月以降から受講された場合)

※2008年9月以降からオーラソーマのコースを受講した方は
  PPS受講時に6件のコンサルテーション記録(初級3+中級3)を講師に提出してください。






お申込み・お問合せは、こちらからどうぞ
・お問合せフォームhttp://www.aurasoma-sendai.com/contact.php
・メールinfo@aurasoma-sendai.com ・TEL 022-723-0566
色彩研究所HP:http://www.aurasoma-sendai.com
PR

船越功のパーソナルプレゼンテーションスキルコース

2009年05月23日
オーラソーマ中級を修了するとすぐに受講できるコース、
パーソナルプレゼンテーションスキルコース(PPS)は、
オーラソーマを人に伝える時の自分の強みは何か、また足りない部分は
何かを知るために最適なコースです

また、中級までの学びで間違って覚えていることのチェックになり、
もう一度オーラソーマとしての正しい認識を確認することができます
ですので、これらをしっかり見直すことで、カウンセリングのスキルもアップし、
大きな自信につながっていくのです

  このコースは2009年9月以降からオーラソーマのコースを
    受講した方が上級コースを受けるための必須コースになっています

  2009年8月以前からオーラソーマのコースを受講されている方は
    資格更新のためのリニューアルコースになります


  

 講師:船越 功
 日時:詳細が決まり次第お知らせします
 料金:¥68000(税込)



     お問い合わせ・ご予約は・・・
  tel:022-723-0566 / e-mail:info@aurasoma-sendai.com
  色彩研究所HP:http://www.aurasoma-sendai.com
 | HOME |